お部屋
ROOMS

SCROLL

鳥兎庵 UTOAN

〜楽しい出来事はあっという間に過ぎ去る〜

太陽にはカラスが千羽、月には兎が住むという。
太陽と月の光を幻想的に演出してみました。

詳細はこちら

心斎坐忘 SHINSAIZABOU

〜座して心を無にし、宇宙と一体になる〜

昭和・日出ずる国の懐かしき形

詳細はこちら

雪行廊 SETSUANROU

〜雪の舞う廊下〜

中庭を廊下で囲んだ離れ

詳細はこちら

洋館 YOUKAN

〜大正、それはとてもハイカラな時代でした〜

木漏れ日が射し込む大正浪漫漂う佇まい。

詳細はこちら

我不歳月 GAFUSAIGETSU

〜我を捨て歳月を生きる〜

築200年の欅の家を移築。
5ルームある大きな茅葺きの離れ。

詳細はこちら

漢 KAN

〜中国王朝漢 一枚の窓枠との出会い〜

何も足さない、何もひかない。
それだけで3000年の歴史が垣間見えた気がした。

詳細はこちら

春隣庵 SHUNRINAN

〜春の来ない冬はない〜

茅葺きの離れ。由布の朝霧を見下ろしながら、
刳り貫き石の湯船に身を沈め一夜を味わう。

詳細はこちら

樹陰房 JYUINBOU

〜蔵、それは命をつなぐもの〜

150年経た蔵を今、時を経て、木々に見守られながら、
新しい命を客人にもてなす部屋へと変わりました。

詳細はこちら

戸田邸 TODATEI

〜上弦の月だけが知っていた〜

幕府から平成の大河を見守り続けた戸田邸。
今、新たな門を開く。

詳細はこちら

再来 SARAI

〜再び訪れることを願って〜

100年前の土壁を再現。
宮大工の建てた神殿造りの天井。

詳細はこちら

栗の蔵 KURINOKURA

〜蔵として生き続ける〜

指定文化財の栗の蔵は、伐採され200年という時を経てもなお、
ヤニ(脂)を出し、蔵として生き続けている。

詳細はこちら

詠花吟月 EIKAGINGETSU

〜花を見て詩を詠じ、月を見て歌を吟じる〜

二本の葦束の自然は四季折々、様々な表情を見せてくれる。
中央に位置するこの部屋から景色を見つめ、一緒に過ごす人と共感してほしい。

詳細はこちら

幾星霜 IKUSEISOU

〜新たに生まれ変わり、幾年を重ね歩み続ける〜

長い年月を経て、新たな姿でお客様をお迎え。
幾年もまた皆様と重ねていけますことを願って。

詳細はこちら