由布院おやど二本の葦束NIHON-NO-ASHITABA

由布院の「格別」宿のもてなしの思い“隠れ里の宿”で、鳥のさえずりや虫の音、 草花に目をとめながら、豊かな山里に抱かれる時間を満喫する。由布院の名宿、「おやど二本の葦束」では、日本の美意識の元にありながらもアジアやヨーロッパの美をも融合させた優雅な空間を味わおう。それらを五感で愛で、あふれんばかりの湯に体をあずける。そこに、至福の時間が訪れる。

壮麗なまほろばの世界へStory

壮麗なまほろばの世界へ

湯布院の喧騒から離れた二本の葦束。4500坪の敷地内には、川が流れ、囲むように自然が生い茂る…木立てのアプローチから静寂な気配を漂わせる母屋へ。飛騨高山から移築された古民家の空間は壮麗なまほろばの世界を描いている。

命名『お宿 二本の葦束』

「葦の葉は一本では立たない。けれど何本も何百本も何千本も束なれば、それは丈夫な礎ともなる。」人間には、強い人もいれば、弱い人もいる。ユニークな人もいるが、シリアスな人だっている。けれどこの世に誰一人として必要じゃない人はいない。宿に集まってくださる全ての方々が共鳴できる場所でありたい…そんな思いから『おやど二本の葦束』と命名しました。

宿とは人が創り、人を生む

宿はお客様によって創られます。そして、私たちもお客様によって育てられるのです。お客様によって気付かされること、反省させられることは多いですが、お客様に喜ばれることが自分の喜びに変わり、「しあわせの連鎖」を生むきっかけになります。私達には毎日、新しい何かが育っています。「宿とは人が創る。宿とは人が生む」という二本の葦束のキャッチコピーが生まれました。

二本の葦束トップページへ

まほろばの住人People

壮麗なまほろばの世界へ

蝉を食う男

ただ造り続ける男

ただ造り続ける男